682e255935d1fd28245b282b514d3daa028
オルデン卿に仕える初老の男性。
オルデン卿からの信頼は非常に厚く、ヴィルトが戦死した戦場にもオルデン卿と二人でいた様子が描かれており、ヴィルトの戦死を知る数少ない人間の一人。

シュタルクヴィルトのフリをさせるため、オルデン卿からの命令で馬術、ダンス、礼儀作法などを叩き込み、シュタルクに地獄だと言われていた。

基本的に喋らないが、オルデン卿からの依頼が終わった後、フリーレンフェルンの魔導書選びに付き合い、半日もかかったことから「ハヤクシテ」と一言だけ喋った。

なお、「ガーベル」はドイツ語で「フォーク、封筒」などの意味。

登場巻
葬送のフリーレン (4)
小学館
2021-03-17