04460f343116d6ebc41cc84e7a90778a053
北側諸国クラー地方のとある村を400年にわたって守り続けているドワーフ。
ドワーフの平均寿命は300年であり、ドワーフの中でもかなりの高齢。

村を訪れたフリーレン一行に対し、油断を突いた戦い方でシュタルクを一瞬で行動不能にするなど、高齢ながら実力は本物。
シュタルクに稽古をつけ、「そこそこよくなった」と言っていた。

ヒンメル一行が訪れた頃からフリーレンいわくボケた振りを続けているとのことだが真意は不明。
今は亡き人間の妻が愛した村を守り続けているが、本人は顔も声も眼差しも忘れてしまったと言っている。

フリーレン一行を「ついに魔王を倒しに行くのか」と言って送り出したが、すでに倒された魔王を知らないのか、ボケた振りなのか、本当にボケたのかは分からない。

なお、「フォル」はドイツ語で「一杯の」の意味。

登場巻
葬送のフリーレン (4)
小学館
2021-03-17