エーレ
北側諸国キュール地方の魔法都市、オイサーストで行われる魔法使いの一級試験に参加した三級魔法使い。

一次試験の隕鉄鳥(シュティレ)捕獲は、第8パーティーとして、ヴィアベルシャルフと共に参加。
石を弾丸に変える魔法ドラガーテ」で多数の石を銃弾のように撃ち出し、第4パーティーのフェルンと戦うが、単純な攻撃魔法の飽和攻撃という力技で押し切られて敗北する。

祖父に一級魔法使いがおり、昔ながらの戦い方をするフェルンを祖父のようだと評していた。
また、魔法学校を首席で卒業した才女であり、フェルンの見立てでは第8パーティーで最も強いのは彼女とのこと。実際、ヴィアベルによるとフェルンにも勝てる存在ではあるらしい。

幼いころ、ヴィアベルに故郷の村を救われているが、その理由が「好きだった子との約束の為」と知り、馬鹿みたいだと笑っていた。
なお、エーレはドイツ語で「名誉」という意味。