ゼーリエ
魔法使いの頂点にして、大陸魔法協会創始者でもある大魔法使い。
見た目は幼いエルフの少女だが、その年齢は少なくとも千歳を超える。
人間の大英雄であるフランメの師匠であり、フリーレンは孫弟子にあたる。

人類の歴史上のほぼすべての魔法を網羅しており、その万能さは地上で全知全能の女神に最も近いとさえ言われている。
魔王軍との戦いが苛烈だった時代の強く洗練された魔法使いを未だに追い求めており、一級魔法使いとなった者に特権として臨む魔法を与えている。
戦いを追い求める性格故に、平和な時代を想像できず、それが理由で魔王を倒せないことを(自身も同じ考えだと言われた上で)フランメには見抜かれていた。

オイサーストで行われる魔法使いの一級試験会場に用意していた結界をフリーレンに破壊されてしまうが、「これだから魔法使いは止められん」とむしろ喜ぶ様子を見せる。

なお、ゼーリエはドイツ語で「続いていく・連続する」の意味。