C2B3E372-6B95-425D-A534-EF641E31DB38-thumbnail2
魔王を倒した勇者一行のエルフの魔法使い。
史上最も多くの魔族を殺した魔法使いであり、魔族によってつけられた渾名は「葬送のフリーレン」
魔族クヴァールの人を殺す魔法(ゾルトラーク)を解析し、魔族を殺す魔法(ゾルトラーク)を開発している。

かつて自身が住んでいた集落を魔王軍のバザルトに滅ぼされており、その際に助けられた魔法使いフランメに師事していた。
フランメからは魔力を偽装して魔族を欺くことを学んでおり、現在も常に魔力を抑えた生活をしている(それでも老練の魔法使いのようなオーラが溢れ出ているのだが)。

重度の魔法オタクであり、魔王を倒した後は魔法を集めることを趣味に旅をしていたが、かつての仲間、勇者ヒンメルの死をきっかけに、人を知る旅に出かけ、フェルンシュタルクとの出会いを重ねていく。

好物はメルクーアプリンで、見た目は若いが年齢は1000歳を超える。
過去に魔法使いに敗れたことが11回あり、そのうちの一人が魔族のクヴァールである。

なお、フリーレンはドイツ語で「凍っている」という意味。

登場巻